知っとく.com

英語でスピーチするための題材を考える方法

   

英語でスピーチするための題材を考える方法

これから英語のスピーチコンテストに出場しようと考えている人や、英語でスピーチをする場面がある人に役立つ情報をまとめてみました。

スピーチを行うためにはまず「題材」を決めることが重要ですよね。

でも一体どんな内容が周りからの評価を上げるのでしょうか?文章の組み立て方やスピーチの締め方など、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


英語のスピーチコンテストで使える題材とは?

英語のスピーチ力を試すことができる「スピーチコンテスト」への出場を考えている人が頭を悩ますのがこれでしょう。

「題材」について、です。

どんな題材でまとめるかによって、審査員からの評価も変わるそうなので周りの意見をよく聞いた方がよいとのこと。

よくある題材として「日本の文化」つまり「ポップカルチャー」についてを利用する人が多いようです。

日本の歴史を題材に使うこともあるようですが、小中学生には少し難し過ぎる内容かも知れません。

かと言って漫画や面白い話題を題材にしてもいいのではと思っていても、周りの反応はイマイチだとか。

賞を獲得するにはどんな題材がいいのでしょうか、とても悩みますよね。

題材ひとつでそんなに評価が変わるものなのかと、そちらも気になるところ。

今回は、そんな「スピーチコンテスト」での題材についてまとめてみます。

英語のスピーチで大切なのは題材ではなく「スピーチ力」

そもそも英語のスピーチコンテストの審査は何を評価するのかを考えてみましょう。

「スピーチコンテスト」と言っているのですからやはりここにポイントを抑えるべきです。

・英語の発音

・話し手の表現

・流れる文章

題材ももちろん大切でしょうけど、どんな文章をどんな風に語ることができるのかが大切です。

そして美しい英語の発音と表現力が試される場だということをしっかりと理解しましょう。

スピーチコンテストを見たことがないという人は、過去の受賞者の映像を探してみてみましょう。

胸にグッとくる内容と表現力が伝わってくるかと思います。

そしてきれいにまとまった英文だということも必要不可欠になります。

題材の内容で評価が下がるのではなく、総合的に見た審査が下されます。

相手に伝わる文章を書きあげるということにも重点を置き、相手の胸にグッとくる表現で訴えてこそ、評価が上がるのでしょう。

英語の題材「スピーチ文章の構成」

いざスピーチの文章をまとめようと思っても、日ごろから書いていないととても難しいです。

まずは文章の構成について知りましょう。

「スピーチ文章の構成」

・導入(Introduction)

・本文(Body)

・結論(Conclusion)

この3つに分けて文章を考えましょう。

導入とは「なぜこう思ったか」という提案や疑問に思ったことを挙げることです。

この導入で観客の心を惹きつけることがコツです。

導入のあとはいよいよ本文です。

言いたいことや知ってもらいたいことを訴えましょう。

ポイントを絞って文章を作り、わかりやすい内容にすることが大切です。

そして最後にまとめとしての結論を書き上げましょう。

最初の導入と繋がるような文章を書くことでスッキリとまとめることができます。

タイトルはこの文章に合うものを考えて決めましょう。

よって、タイトルは最後に付けた方が文章に合ったものになると思います。

この文章の構成はどんな場面でも同じように応用することができます。

英語のスピーチの題材は「ニュース」から拾ってみよう

スピーチコンテストだけではなく、英会話スクールに通っている人は英語のスピーチを求められることが多いようです。

日本では自己紹介をするとき、よくある自分の名前や趣味程度しか話しませんよね。

日ごろから自分について話す訓練をしておくと、それが英語に変わっても上手くいくかと思います。

自分の考えをスピーチすることはとても難しいですが、先ほどの構成ルールに沿って文章をまとめることに慣れてしまえば、スラスラと話せるようになります。

「英語で3分スピーチしてください」と言われたらどんなことを話しますか?

自分でも常日頃文章を考え、組み立ててスピーチを行う練習をしてみましょう。

3つの構成に分けて話すのでそれぞれ1分づつ話せばちょうど3分になります。

何度も練習を行うことでスピーチに慣れることができます。

また、題材を考えることにも慣れるでしょう。

ニュースで気になる話題があれば「ネタ」としてメモをしておくといいでしょう。

そこから話を広げてみてはいかがでしょうか。

英語のスピーチでの「締め言葉」はハッキリと!

英語のスピーチで意外と難しいのが最後の決め台詞だったりします。

日本でのスピーチの締め方と言えば、文章の総まとめのようなひと言を言ってから「ご清聴ありがとうございました」などと終わるのが一般的な流れですね。

でも英語の場合では、スパッと終わらせるということが特徴的であり重要だということです。

では実際に英語のスピーチで使える締めの言葉を挙げてみます。

「英語のスピーチの締め言葉」

・Thank you for your kind attention.(ご清聴有難うございました。)

・That is all.(これで終わります。)

・Thank you.(ありがとう。)

このような言葉が定番となっています。とても簡潔な例文なので、短いスピーチにはこのように単刀直入に締めてしまいましょう。

もう少し長くまとめてから締めたい場合にはこのような締め方も有効です。

・I will further pursue this topic.(このテーマについて更に研究をしていくつもりです。)

次のスピーチに繋げるような言葉を付け加えて締めるのもよいかと思います。

日本語よりもハッキリと、かつ単純にスピーチを締めましょう。

 - 仕事, 勉強, 国際

ページ
上部へ