知っとく.com

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

   

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

学校の先生や塾の先生、先生とはさまざまな場所に存在しています。

では、「教員」と「教師」という呼び方の意味の違いとは何でしょうか?

または「教諭」とはどういう意味なのでしょう?

知ってそうで意外と知らないその意味や使い方の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


教員・教師・教諭に違いはあるの?

みなさんは学校の先生を違う呼び方で言うなら何と言いますか?

教師、教員、教諭などの呼び方がありますよね。

どれも学校の先生だとすぐにわかりますが、よく考えるとこの3つに違いはあるのでしょうか?

意味に違いはあるのか、使いわけをすることがあるのか、よくわからないですよね。

では「学校の先生」という意味に1番近い名称はどれなのでしょう。

小学校の場合や中学、高校などで使い方は変わるのでしょうか。

どうでもいいようなことかもしれませんが、意外な事実が隠れていそうですよね。

そんな「教師、教員、教諭」などの違いについて調べてみました。

教員と教師の教諭の意味と使い方の違い

教師と教員、教諭。

この3つの中でまずは「正式な名称」を探してみましょう。

正式な名称を知る方法は、学校の先生が持っている「免許状」を見せてもらうのです。

ここに書いてある名称はどれ?ということですがそれは「教諭」なんです。

たとえば小学校の先生なら免許状には「小学校教諭」と書かれているのです。

正式な場では「教諭」を使うことが正しいようですね、

では教師や教員は一体なんだろう?と思いますよね。

教師とは「教える師」と書くように、教え導くものという意味があります。

人の前に立ち教える人のことを「教師」と呼ぶようです。

では「教員」とは一体何か?と言うと、身分を表しているようです。

校長、教頭そして教員というように、学校での立場を表現するときに使います。

ただ、先生は自分のことを「教員です」などとあまり言わないようですね。

教員と教師の違いに迫る!

学校の先生のことを正確に言い換えるときは「教諭」を使うのが正しいことがわかりました。

ただ「教師」と「教員」の差については曖昧で、なんとなくでしかわからないですよね。

でもよく考えると、日常的に使うのはこの2つのどちらかだと思います。

この「教師」と「教員」の違いについて詳しく解説をしてみます。

・教員とは

学校において学生を教育する立場の就いている人のことです。

クラスを受け持つ先生以外にも、保健室の養護の先生や図書館の司書、クラス担任の補助をする先生についても「教員」となります。

また、クラスを受け持たない講師の先生なども「教員」です。

具体的には小学校から大学の先生までを「教員」と呼びますが、大学の教員だけは「教諭」ではないことがわかります。

正しくは、講師や教授となっています。

・教師とは

「教師」と呼ぶ対象の人は学校で教える先生だけではなくさまざまな分野で教える立場の人のことを言います。

例えば「家庭教師」と呼ぶように、教諭ではなくても「教師」と呼んだりします。

教員や教師よりもやはり「先生」と呼びたい

ここまで「学校の先生」に変わる名称はどれ?ということについて考えてみましたが、意外と普段から使い分けていることに気が付いたと思います。

教員、教師、教諭のどれも「先生」という立場の人のことを指します。

「先生」と呼ぶ人は学校のみならず、塾などの習い事の場や、政治家のことをこう呼んだりもしますね。

意外と幅広く使われていることがわかりました。

そして今回は「学校の先生」を正式に言うと「教諭」だということも知りましたね。

先生より教諭の方が少し堅苦しいですね。やっぱり「先生」と気軽に呼べるのが、こちらとしても嬉しいですね。

学校の先生はとても大変なお仕事ですが、これからの社会を担う子供たちを教える重要な役割があります。

保護者とのいざこざも年々エスカレートしているようですが、それでも負けずに生徒の心の拠り所に思えるような先生が増えるといいですね。

みんなが思う「理想の教師像」とは?

「先生」と呼ぶのは保育園や幼稚園からすでに始まっています。

子供から大人になるまでの過程の中で「先生」という存在はとても大きいものですよね。

ではどんな先生が理想的な先生なのでしょうか。少し考えてみましょう。

・生徒にとって憧れる人である

「あんな大人になりたい」と思うような人であり、生徒が夢を広げられるような存在であることが大切なのではないでしょうか。

教師という立場を越えた1人の人間として、生徒が憧れるような人であってほしいという願いもあります。

・どの生徒も理解ができる授業をする

クラスみんながわかる授業を行ってこそ、信頼のおける先生となります。

厳しい授業ではなく、楽しく理解できる授業をする先生だと勉強が楽しくなりますね。

このような先生が学校にいたら、毎日楽しく過ごすことができるでしょう。

また、気軽に相談ができるような人であってほしいとやはり思います。

 - ライフハック, 仕事

ページ
上部へ