知っとく.com

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

      2017/09/28

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

学校の先生や塾の先生、先生とはさまざまな場所に存在しています。

では、「教員」と「教師」という呼び方の意味の違いとは何でしょうか?

または「教諭」とはどういう意味なのでしょう?

知ってそうで意外と知らないその意味や使い方の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


教員・教師・教諭に違いはあるの?

みなさんは学校の先生を違う呼び方で言うなら何と言いますか?

教師、教員、教諭などの呼び方がありますよね。

どれも学校の先生だとすぐにわかりますが、よく考えるとこの3つに違いはあるのでしょうか?

意味に違いはあるのか、使いわけをすることがあるのか、よくわからないですよね。

では「学校の先生」という意味に1番近い名称はどれなのでしょう。

小学校の場合や中学、高校などで使い方は変わるのでしょうか。

どうでもいいようなことかもしれませんが、意外な事実が隠れていそうですよね。

そんな「教師、教員、教諭」などの違いについて調べてみました。

教員と教師の教諭の意味と使い方の違い

教師と教員、教諭。

この3つの中でまずは「正式な名称」を探してみましょう。

正式な名称を知る方法は、学校の先生が持っている「免許状」を見せてもらうのです。

ここに書いてある名称はどれ?ということですがそれは「教諭」なんです。

たとえば小学校の先生なら免許状には「小学校教諭」と書かれているのです。

正式な場では「教諭」を使うことが正しいようですね、

では教師や教員は一体なんだろう?と思いますよね。

教師とは「教える師」と書くように、教え導くものという意味があります。

人の前に立ち教える人のことを「教師」と呼ぶようです。

では「教員」とは一体何か?と言うと、身分を表しているようです。

校長、教頭そして教員というように、学校での立場を表現するときに使います。

ただ、先生は自分のことを「教員です」などとあまり言わないようですね。

教員と教師の違いに迫る!

学校の先生のことを正確に言い換えるときは「教諭」を使うのが正しいことがわかりました。

ただ「教師」と「教員」の差については曖昧で、なんとなくでしかわからないですよね。

でもよく考えると、日常的に使うのはこの2つのどちらかだと思います。

この「教師」と「教員」の違いについて詳しく解説をしてみます。

・教員とは

学校において学生を教育する立場の就いている人のことです。

クラスを受け持つ先生以外にも、保健室の養護の先生や図書館の司書、クラス担任の補助をする先生についても「教員」となります。

また、クラスを受け持たない講師の先生なども「教員」です。

具体的には小学校から大学の先生までを「教員」と呼びますが、大学の教員だけは「教諭」ではないことがわかります。

正しくは、講師や教授となっています。

・教師とは

「教師」と呼ぶ対象の人は学校で教える先生だけではなくさまざまな分野で教える立場の人のことを言います。

例えば「家庭教師」と呼ぶように、教諭ではなくても「教師」と呼んだりします。

教員や教師よりもやはり「先生」と呼びたい

ここまで「学校の先生」に変わる名称はどれ?ということについて考えてみましたが、意外と普段から使い分けていることに気が付いたと思います。

教員、教師、教諭のどれも「先生」という立場の人のことを指します。

「先生」と呼ぶ人は学校のみならず、塾などの習い事の場や、政治家のことをこう呼んだりもしますね。

意外と幅広く使われていることがわかりました。

そして今回は「学校の先生」を正式に言うと「教諭」だということも知りましたね。

先生より教諭の方が少し堅苦しいですね。やっぱり「先生」と気軽に呼べるのが、こちらとしても嬉しいですね。

学校の先生はとても大変なお仕事ですが、これからの社会を担う子供たちを教える重要な役割があります。

保護者とのいざこざも年々エスカレートしているようですが、それでも負けずに生徒の心の拠り所に思えるような先生が増えるといいですね。

みんなが思う「理想の教師像」とは?

「先生」と呼ぶのは保育園や幼稚園からすでに始まっています。

子供から大人になるまでの過程の中で「先生」という存在はとても大きいものですよね。

ではどんな先生が理想的な先生なのでしょうか。少し考えてみましょう。

・生徒にとって憧れる人である

「あんな大人になりたい」と思うような人であり、生徒が夢を広げられるような存在であることが大切なのではないでしょうか。

教師という立場を越えた1人の人間として、生徒が憧れるような人であってほしいという願いもあります。

・どの生徒も理解ができる授業をする

クラスみんながわかる授業を行ってこそ、信頼のおける先生となります。

厳しい授業ではなく、楽しく理解できる授業をする先生だと勉強が楽しくなりますね。

このような先生が学校にいたら、毎日楽しく過ごすことができるでしょう。

また、気軽に相談ができるような人であってほしいとやはり思います。

 - ライフハック, 仕事

ページ
上部へ