知っとく.com

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

      2017/09/28

教員・教師・教諭の意味と使い方の違い

学校の先生や塾の先生、先生とはさまざまな場所に存在しています。

では、「教員」と「教師」という呼び方の意味の違いとは何でしょうか?

または「教諭」とはどういう意味なのでしょう?

知ってそうで意外と知らないその意味や使い方の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


教員・教師・教諭に違いはあるの?

みなさんは学校の先生を違う呼び方で言うなら何と言いますか?

教師、教員、教諭などの呼び方がありますよね。

どれも学校の先生だとすぐにわかりますが、よく考えるとこの3つに違いはあるのでしょうか?

意味に違いはあるのか、使いわけをすることがあるのか、よくわからないですよね。

では「学校の先生」という意味に1番近い名称はどれなのでしょう。

小学校の場合や中学、高校などで使い方は変わるのでしょうか。

どうでもいいようなことかもしれませんが、意外な事実が隠れていそうですよね。

そんな「教師、教員、教諭」などの違いについて調べてみました。

教員と教師の教諭の意味と使い方の違い

教師と教員、教諭。

この3つの中でまずは「正式な名称」を探してみましょう。

正式な名称を知る方法は、学校の先生が持っている「免許状」を見せてもらうのです。

ここに書いてある名称はどれ?ということですがそれは「教諭」なんです。

たとえば小学校の先生なら免許状には「小学校教諭」と書かれているのです。

正式な場では「教諭」を使うことが正しいようですね、

では教師や教員は一体なんだろう?と思いますよね。

教師とは「教える師」と書くように、教え導くものという意味があります。

人の前に立ち教える人のことを「教師」と呼ぶようです。

では「教員」とは一体何か?と言うと、身分を表しているようです。

校長、教頭そして教員というように、学校での立場を表現するときに使います。

ただ、先生は自分のことを「教員です」などとあまり言わないようですね。

教員と教師の違いに迫る!

学校の先生のことを正確に言い換えるときは「教諭」を使うのが正しいことがわかりました。

ただ「教師」と「教員」の差については曖昧で、なんとなくでしかわからないですよね。

でもよく考えると、日常的に使うのはこの2つのどちらかだと思います。

この「教師」と「教員」の違いについて詳しく解説をしてみます。

・教員とは

学校において学生を教育する立場の就いている人のことです。

クラスを受け持つ先生以外にも、保健室の養護の先生や図書館の司書、クラス担任の補助をする先生についても「教員」となります。

また、クラスを受け持たない講師の先生なども「教員」です。

具体的には小学校から大学の先生までを「教員」と呼びますが、大学の教員だけは「教諭」ではないことがわかります。

正しくは、講師や教授となっています。

・教師とは

「教師」と呼ぶ対象の人は学校で教える先生だけではなくさまざまな分野で教える立場の人のことを言います。

例えば「家庭教師」と呼ぶように、教諭ではなくても「教師」と呼んだりします。

教員や教師よりもやはり「先生」と呼びたい

ここまで「学校の先生」に変わる名称はどれ?ということについて考えてみましたが、意外と普段から使い分けていることに気が付いたと思います。

教員、教師、教諭のどれも「先生」という立場の人のことを指します。

「先生」と呼ぶ人は学校のみならず、塾などの習い事の場や、政治家のことをこう呼んだりもしますね。

意外と幅広く使われていることがわかりました。

そして今回は「学校の先生」を正式に言うと「教諭」だということも知りましたね。

先生より教諭の方が少し堅苦しいですね。やっぱり「先生」と気軽に呼べるのが、こちらとしても嬉しいですね。

学校の先生はとても大変なお仕事ですが、これからの社会を担う子供たちを教える重要な役割があります。

保護者とのいざこざも年々エスカレートしているようですが、それでも負けずに生徒の心の拠り所に思えるような先生が増えるといいですね。

みんなが思う「理想の教師像」とは?

「先生」と呼ぶのは保育園や幼稚園からすでに始まっています。

子供から大人になるまでの過程の中で「先生」という存在はとても大きいものですよね。

ではどんな先生が理想的な先生なのでしょうか。少し考えてみましょう。

・生徒にとって憧れる人である

「あんな大人になりたい」と思うような人であり、生徒が夢を広げられるような存在であることが大切なのではないでしょうか。

教師という立場を越えた1人の人間として、生徒が憧れるような人であってほしいという願いもあります。

・どの生徒も理解ができる授業をする

クラスみんながわかる授業を行ってこそ、信頼のおける先生となります。

厳しい授業ではなく、楽しく理解できる授業をする先生だと勉強が楽しくなりますね。

このような先生が学校にいたら、毎日楽しく過ごすことができるでしょう。

また、気軽に相談ができるような人であってほしいとやはり思います。

 - ライフハック, 仕事

ページ
上部へ